スポンサードリンク

« 2008年03月24日 | Top

【最新記事】

更年期障害には、様々な症状がありますが、肉体的な症状と、精神的な症状のふたつに分けることができると言えます。まず、肉体的な症状の代表的なものとしては、ほてり、のぼせ、めまいなどの血管反応性の変化で、エストロゲンの分泌量の減少によって、自律神経を調節する中枢の機能の乱れにより起こると考えられています。いずれも、突然に起こり、体から顔や手足へと広がり、その時発汗、動悸などの症状を伴うことが多いのが特徴です。また、この他に、頻尿、尿疾患、閉経後膣炎などの泌尿生殖器症状が挙げられます。

これに対して、精神的な症状としては、不安感、イライラ、不眠、うつ症状などが挙げられます。このような症状は、エストロゲンの分泌量の減少にも関係していますが、閉経による女性の性の喪失感、子供が成長し、巣立っていったなどの母性の性の喪失感、パートナーとの一体感の喪失感などの思いや、親の介護や家事や仕事の負担などがストレスを生み、この更年期障害の諸症状を深刻化させていると言われています。

スポンサードリンク

更年期障害情報サイト 更年期.com

50歳前後の女性が悩まされる更年期障害。この更年期障害は、ホルモンのバランスが崩れ、さらに環境や精神的な問題が重なることで、さまざまな症状が現れるようになります。更年期障害の症状について、きちんとした知識を身に付け、更年期を快適に乗り越えましょう。


更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo