Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害とその症状の違い

スポンサードリンク

更年期障害とその症状の違い

更年期に表れる様々な不快症状は、出かたや強さに個人差があります。日常生活を過ごすことが困難になる更年期障害となる人や、更年期の症状が一切出ないという方まで、その症状は様々です。では、こういった更年期の症状に個人差があるのはどうしてでしょうか。考えられる要因としては、そのひとつに、卵巣の機能や体内のホルモン分泌量が低下する度合いが、人によって違うためと考えられているようです。このため、更年期と呼ばれるこの時期に起こる、不快な症状の強弱に個人差が生じるようです。

また一般的に、更年期以前から、月経不順があった人や、自律神経失調症などの傾向があった人、月経期前後のイライラや気分の浮き沈みなどの症状が激しく出ていたという人は、ホルモンバランスの差が大きいと考えられるので、更年期の症状も強く出やすい傾向があるのではないかと考えられているようです。また、この他に、女性の生活環境やストレス、食生活などによっても、ホルモンのバランスに影響があるので、症状の強さなどに関係しているのではないかと考えられているようです。

 <  前の記事 更年期障害とホルモン  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモンバランス  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。