Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害の初期症状

スポンサードリンク

更年期障害の初期症状

更年期障害の症状は、様々なものがありますが、初期症状として一番多いと言われているのが不眠だそうです。不安感やイライラなどの精神的不安定や、寝汗をかくなどで睡眠障害が起こるようです。またその他の症状としては、頭痛、めまい、ほてり、動悸、倦怠感、関節痛、うつ症状などが挙げられます。また、肩こりや腰痛などに悩む方も多く居るようです。これらは、ホルモンと深く関係しているため、男性より女性の方が多く見られる症状のようです。この症状については、個人差があり、頭痛や肩こりはあるものの、日常生活には支障がないくらいの比較的軽い症状の人から、めまいや動悸がひどく、家事ができなくなり、うつ症状や精神症状のため、外出もままならないなど重症の人もいます。

更年期障害だと思われる症状が出始めたら、自己判断をせず、無理しないようにして、初期のうちに専門医での治療をすることが、更年期障害を重症化させないための大切なことと言えるでしょう。我慢せず、まずは医師に相談しましょう。

 <  前の記事 更年期障害の諸症状  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とその症状  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。