Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害の諸症状

スポンサードリンク

更年期障害の諸症状

更年期特有の諸症状として、のぼせや発汗などの症状が挙げられますが、その症状などが重度となると更年期障害と呼ばれるようになります。今までは、この更年期障害の症状の代表的なものが、先程ののぼせや発汗であるとされていましたが、近年では、無気力や不安感、心的不安定から起こる睡眠障害などの精神症状の方が増えてきていると言われています。そして、この更年期に発症した精神症状から、うつ病などの重度の更年期障害へと悪化するケースも増えてきているようです。

そして、この更年期によく見られる様々な精神症状は、更年期を迎える閉経直前の時期に発症する場合が多く、更年期を過ごしていく閉経後には、精神症状の悪化によってうつ病などの更年期障害へと変化していくことも多いようです。こういった重度の更年期障害へと悪化させないためには、更年期までに生活習慣を見直し、改善するなどを行い、更年期時期の過ごし方について、知識を身につけておくことが大切となってくると思われます。

 <  前の記事 更年期障害といろいろなホルモン  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害の初期症状  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。