Top >  更年期障害の症状 >  更年期と月経過多

スポンサードリンク

更年期と月経過多

更年期には様々な不快症状が起こりますが、出血に関係する問題症状が起こる場合があります。その問題症状の中のひとつに、「月経過多」と呼ばれる症状があります。この「月経過多」とは、月経期間が通常より長引いたり、月経の出血量が多かったりする症状で、月経日数が8日以上続くような「過長月経」を伴う場合が多いようです。「月経過多」は、月経周期をコントロールしているホルモンの異常が原因となっている場合が多いので、更年期に起きやすい症状のひとつであると考えられます。しかし、更年期症状とは関係なく、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症などの原因で、月経過多が起こる場合もありますので、安易に更年期障害の症状のひとつと考えずに、専門医の診断を受けるようにしましょう。

このような更年期特有のホルモン異常による「月経過多」は、日常生活に支障が出たり、過度の貧血になったりする場合があるので、そういった場合は治療が必要となりますので、早めに病院での診察を受ける事をお勧めします。更年期だから仕方ないといった自己診断はやめるようにしましょう。

 <  前の記事 更年期と月経過少  |  トップページ  |  次の記事 更年期とパートナーとの関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。