Top >  更年期障害の症状 >  更年期と月経過少

スポンサードリンク

更年期と月経過少

更年期には、肉体的症状と精神的症状の様々な問題となる症状が起こるようになります。この問題症状の中でも、出血に関する問題も多く起こる時期だと言えます。更年期には、月経の出血量が少なすぎるという症状があり、これを「月経過少」と呼ぶそうです。逆に、月経量が多い場合は「月経過多」と呼ぶようです。この「月経過少」の症状としては、一般的に月経量がかなり少なく、かつ月経の期間が2〜3日ぐらいしかない状態を指します。また、その月経期間がもっと短く、1〜2日で終わってしまう場合は、「月経過短」と呼ぶこともあるそうです。

この「月経過少」や「月経過短」となる原因としては、更年期の時期は、月経周期をコントロールしているホルモンの分泌が減少し、無排卵となります。その結果、過少月経となる場合が多いようです。この「月経過少」の症状は、甲状腺機能の異常など、他の病気などが無ければ、閉経への移行症状であると考えて良いでしょう。しかし、少しでも不安な症状や、気になることがある場合は、早めに婦人科での診察を受ける事をお勧めします。

 <  前の記事 更年期と不正出血  |  トップページ  |  次の記事 更年期と月経過多  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。