Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害の症状とその原因

スポンサードリンク

更年期障害の症状とその原因

女性の誰しもが通り過ぎる更年期ですが、その更年期には、様々な更年期障害と呼ばれる症状が起こってきます。この症状には、個人差がありますが、大きく分けて肉体的な症状と精神的な症状の2つに分けることができます。まず肉体的な症状としては、のぼせやほてりなどの血管運動神経系の症状で、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌の低下により、脳の自律神経調整中枢の機能低下によって起こると考えられています。このような症状は、突然に起こり、体から顔、手足に広がっていき、発汗や動悸を伴うことが多いようです。他の肉体的な症状としては、頻尿や尿失禁、閉経後膣炎などの泌尿生殖器症状が挙げられるようです。

もうひとつの精神的な症状としては、不眠や不安感、イライラ、うつ症状などが挙げられます。これは、閉経による女性の性に対する喪失感、子供の成長による母性の性の喪失感、パートナーとの一体感の喪失などが原因ではないかと考えられているようです。

この更年期は、女性にとって変化や心的ストレスが過剰な時期とも言えるので、ストレスを溜めないなどの工夫をしながら、早めの専門医への相談をお勧めします。

 <  前の記事 更年期不定愁訴症候群  |  トップページ  |  次の記事 更年期と不正出血  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。