Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害とさまざまな症状

スポンサードリンク

更年期障害とさまざまな症状

更年期障害の症状には、さまざまなものがありますが、肉体的な症状と精神的な症状の二つに分けることができます。まず、肉体的な症状の代表的なものは、ほてり、のぼせなどの血管反応性の変化です。これは、エストロゲンの分泌の減少により、脳の自律神経を調整する機能が低下して起こるものと考えられています。こののぼせやほてりなどの症状は、いずれも突然に起こり、体から顔や手足へ広がっていき、他に発汗や動悸などを伴うことが多いというのが特徴です。この他の肉体的な症状としては、頻尿、尿失禁、閉経後膣炎などの泌尿器生殖器症状が挙げられるようです。

もうひとつの精神的な症状としては、不眠やうつ症状などです。これらは、閉経により女性の性の喪失感、子供の成長による母性の性の喪失感、パートナーとの一体感の喪失感などが要因となっていると考えられています。他に日常生活の変化や家庭の中の責任に対する負担、ストレスなども原因となっているようです。

どちらの症状にも個人差がありますが、ひどい場合は早めに婦人科での診察を受け、きちんとした治療を行なうことをお勧めします。

 <  前の記事 プレ更年期  |  トップページ  |  次の記事 更年期不定愁訴症候群  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。