Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と精神症状

スポンサードリンク

更年期障害と精神症状

更年期障害の症状が悪化し、精神症状の深刻化により、うつ病を発病してしまう場合があります。このうつ病と診断された場合は、どのようなことに気をつけて治療を受ければよいのでしょうか。まず、このうつ症状ですが、更年期にかぎってではありませんが、治療の基本として「心身の休養」が最も必要です。精神を安定させるための薬物療法や、心理療法なども必要とはなりますが、まず第一に大切となるのは、家族や周囲の理解と思いやりでしょう。更年期は特に、心身にストレスがかかりやすい時期だと言われているので、そのストレスをなるべく緩和できるよう努力し、協力することがとても大切です。家族や周囲の人は、従来どおりに自然に接する。励まさない。温かく見守る。などを心掛けましょう。

また、自身も一人で悩んだりせず、周囲に相談するようにして、なるべくストレスを抱え込まないように心掛けることが大切になってきます。こういったうつ病を発病しやすい人は、性格にもよるところがあるので、真面目で責任感が強いなどストレスを溜めやすい傾向のある人は気をつけましょう。

 <  前の記事 更年期障害とうつ病  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害の原因  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。