Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害とうつ病

スポンサードリンク

更年期障害とうつ病

更年期障害の症状には、ほてりやのぼせなどの肉体的なものだけでなく、精神的な症状も起こる場合があります。不眠やうつなどの症状がその代表的なものと言えます。更年期障害の精神症状である、不眠やうつ症状は、悪化すると”うつ病”自体を発病してしまう場合もあるそうなので、注意が必要です。更年期の期間に起こる気分の落ち込みや不安感などは、更年期の症状だとして、仕方ないと考えがちですが、うつ病を発病している可能性もあるので、自己判断をせず、できるだけ早めに医療機関での診察を受けることが大切となってきます。

またこの他、更年期障害の治療はきちんと受けているのに、不眠やうつ症状が治まらず続いているといった場合も、うつ病の可能性があります。このような場合も、すぐに医療機関で診察を受けることをお勧めします。肉体的な症状と精神的な症状が同時に起こる場合もあり、こうなると日常生活にも支障が出てくる場合があります。こういった場合も、我慢をせず早めに医師に相談するようにしましょう。

 <  前の記事 更年期障害と精神症状  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と精神症状  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。