Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と精神症状

スポンサードリンク

更年期障害と精神症状

更年期障害の症状として、のぼせやほてり、多汗症、動悸などが挙げられます。これは、女性ホルモン・エストロゲンの低下によるホルモンのバランスの崩れが、第一の原因と考えられますが、この他にも原因となる要因があるようです。そのひとつは、個人の性格によるものが挙げられるようです。なぜ性格が病気に関係するのだろう?と思いますが、神経質であったり、責任感が強いなど、個人の性格により寝つきが悪かったり、イライラが激しいなどの症状が出やすいとされているようです。

また、こういった性格の人は、更年期障害の他にかかりやすい病気があります。無気力や不安感、心的不安定などから起こる睡眠障害や、更年期に発症した精神症状から、うつ病などの更年期障害へ悪化するケースが増えてきているそうです。

更年期に差し掛かる前から、日頃からストレスを溜めないといったことなどに注意して、軽い運動をしたり、バランスの良い食生活を心掛けたりといったことも必要となってくるのではないでしょうか。

 <  前の記事 更年期障害とホルモンバランス  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とうつ病  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。