Top >  更年期障害とは >  更年期障害とホルモンバランス

スポンサードリンク

更年期障害とホルモンバランス

更年期を迎え、エストロゲンの分泌量が減ってくると、これを感知した脳が、盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し始め、卵巣からのエストロゲンの分泌を促します。しかし、卵巣の機能は衰えてしまってその要求に応えることが出来ないため、エストロゲンの減少と、卵巣刺激ホルモンの増加という”ホルモン分泌のバランスの崩れ”が起こってしまうわけです。その結果、更年期の不快症状が表れます。

このエストロゲンの減少により起こる様々な不快症状は、エストロゲン作用に直接関係して起こる問題もあります。この症状を大きく2つに分けると、自律神経に関係している、のぼせやほてり、動悸などの初期症状と、代謝に関係している骨粗しょう症や高脂血症(動脈硬化症、高血圧症)などの、少し遅れて出る症状の2つに分かれます。また、更年期障害の症状のひとつとして考えられているものがもう1つあります。それは、脳の機能の低下から起こる、アルツハイマー型痴呆症です。このアルツハイマー型痴呆症は、エストロゲン分泌の減少が、原因のひとつになっているのではないかと考えられているためです。

 <  前の記事 更年期障害とその症状の違い  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と精神症状  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。