Top >  更年期障害とは >  更年期障害とホルモン

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン

誰しもが通り過ぎる更年期ですが、その更年期の症状や障害などに関係していると考えられるホルモンは、いくつかの種類があるようです。まず、エストロゲンというホルモンは、卵胞ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンのひとつで、排卵の準備をする働きをし、通常は月経前から排卵前にかけて分泌が高まります。しかし、このエストロゲンは、40歳代半ばから卵巣の衰えとともに、その分泌量が減少します。これが更年期障害の症状の原因となります。

この他、黄体形成ホルモン(LH)と呼ばれるホルモンがあり、性腺刺激ホルモンを産生している細胞から分泌されるホルモンで、卵巣内で卵巣を成熟し、黄体を形成させる役割をしています。また、卵巣刺激ホルモン(FSH)と呼ばれるホルモンは、黄体形成ホルモンと同じく、性腺刺激ホルモンの生産細胞から分泌されており、卵巣内で、卵巣の発育や成熟、卵巣ホルモンの生成や分泌を行なっています。精巣内では、精子の形成を促進させるとして、とても重要な働きをしているホルモンです。

この他、ゴナドトロビン放出ホルモン(GnRH)は、下垂体ホルモンの分泌を支配していて、視床下部から分泌されています。生殖腺刺激ホルモンは、これがゴナドトロビンと呼ばれるもので、このホルモンを放出する働きをしている刺激ホルモンです。これらのホルモンが更年期障害などに関係していると言われています。

 <  前の記事 更年期障害と更年期症状  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とその症状の違い  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。