Top >  更年期障害とは >  更年期障害とエストロゲン

スポンサードリンク

更年期障害とエストロゲン

エストロゲンは、卵胞ホルモンと呼ばれる女性ホルモンのひとつで、脳から分泌される卵胞刺激ホルモンの刺激を受け、卵巣より分泌されます。この分泌は、妊娠を助けたり、体内のバランスを整えるといった意味で、女性にとってとても重要な役割を果たすものです。このとても重要な働きをしているエストロゲンの主な働きとしては、乳房や性器の成熟を促し、丸みを帯びた女性らしい体を作る。子宮に働きかけて、受精卵が着床しやすい状態を作りだす。心を安定させる。コレステロールの増加を抑制し、カルシウムの形成・吸収を調整して、骨を健康に保つ。などがあげられます。

以上のように、様々な重要である働きをするエストロゲンですが、ほとんどの女性が更年期を迎える頃になると、卵巣の機能が衰えるため、卵巣から分泌されているこのエストロゲンの分泌量は急激に減少します。この急激な変化が、更年期障害の原因のひとつだとされています。これは、卵巣の機能が落ちてしまうことが、生理的変化として起こるためです。

 <  前の記事 更年期障害と女性の五期  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と日本人女性  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。