Top >  更年期障害とは >  更年期障害と女性の五期

スポンサードリンク

更年期障害と女性の五期

この世に誕生して死を迎えるまでの間、女性の身体は大きく変化します。その一生を大きく分けると、5つに分けることが出来ます。「幼少児期」、「思春期」、「性成熟期」、「更年期」、「老年期」の5つです。そのうちの「更年期」とは、卵巣の機能が衰えはじめ、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が急激に減少する、閉経を迎える時期前後5年くらいの期間を指します。(通常、1年以上経っても次の月経が来ない場合に閉経と判断します。)日本人女性の平均閉経年齢は、50歳ぐらいと言われていますので、更年期は45歳から55歳くらいと考えられます。

この閉経に伴い、先立って起こる月経不順は、自然な変化なので特に治療の必要はありませんが、40歳より前に月経不順がある場合は、念のため婦人科での検査をお勧めします。それは、甲状腺機能の異常であったり、子宮筋腫などの病気の可能性があるからです。月経不順や閉経になる時期の年代の人は、同時に以上のような病気に加え、子宮がんや乳がんなどの病気にもなりやすい年齢ですので、定期健診を行なうなどして、検査を受けて注意するようにしましょう。

 <  前の記事 更年期障害と冷え  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とエストロゲン  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。