Top >  更年期障害とは >  更年期障害の原因

スポンサードリンク

更年期障害の原因

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンの減少によって起こる症状だということは、だいぶ有名になってきたので、皆さんご存知だと思いますが、もうひとつの原因として、考えられるものがあるのはご存知でしたか?更年期の症状としては、のぼせやほてりなどの他に、精神症状があり、悪化するとうつ病を発病するケースがあるようです。

そのような症状が出るのは、更年期と言われる年代の女性の生活が、関係していると言われています。子供の独立により長い間繰り返してきた日常が変化することに加え、親の介護など家庭の中心としての役割の負担が大きくなることなどが、もうひとつの要因として挙げられる事由です。これらは、社会的な原因ですが、更年期障害の症状は、個人の性格によっても変わってくるようです。症状によっては、この原因となっているものが分かるかもしれません。その結果、更年期障害の治療法が変わることがあるかもしれないので、更年期障害を長く患っていたり、心当たりのある方は、早めに受診をされることをお勧めします。

 <  前の記事 更年期障害と精神症状  |  トップページ  |  次の記事 プレ更年期  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害情報サイト 更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。